【ご報告】2019年3月までの活動報告

更新が滞ってしまい申し訳ございません。
遅ればせながら2019年3月までの当団の活動についてご報告させていただきます。

2018年12月
アンサンブルコンテスト地区大会出場
 当団からはクラリネット三重奏(金賞)、ホルン四重奏(銀賞)、トロンボーン四重奏(銀賞)が出場しました。
 そして、クラリネット三重奏が地区代表として県大会への出場が決まりました。

湯元地域 出前講座 「クリスマスコンサート」出演
 いつも練習会場として利用させて頂いております湯元市民センター(仙台市太白区)にて開催された地域住民のための出前講座に出演しました。「そりすべり」や「ウィンター・ワンダーランド」、「オペラ座の怪人」などを演奏しました。ステージと客席が近い演奏会ならではの、ご来場いただいた皆様の手拍子や大きな拍手を肌で感じる事ができた素晴らしい演奏会となりました。

2019年1月
アンサンブルコンテスト県大会出場
 地区代表として出場したクラリネット三重奏が金賞を受賞いたしました。惜しくも県代表には選出されませんでしたが素晴らしい演奏でした。

総会開催
 当団は毎年1月に総会を開いています。昨年の活動を振り返り、今後の活動計画を団員全員で議論するとても重要な場です。
 2019年度も年二回の定期演奏会を軸に、夏のコンクールへの出場、地域の催し物での依頼演奏など盛りだくさんの内容で活動していきます。

2019年3月
楽楽楽ミュージックフェスティバル出演
 3月3日に太白文化センター 楽楽楽ホールにて開催された楽楽楽ミュージックフェスティバルに出演しました。今回は同じ太白区に本部を置く仙台吹奏楽団さんと合同演奏をさせていただきました。演奏曲目は「アレルヤ・ラウダムス・テ」と「風になりたい」の2曲でした。所属団体は違えど、吹奏楽に魅了され、楽器を続けている大人たちの迫力ある演奏をお客様・出演者の中高生の皆様にお届けできたのではないかと思います。

第9回62万石吹奏楽祭出演
 3月10日に広瀬文化センター(仙台市青葉区)にて開催された62万石吹奏楽祭に出演しました。宮城県で活動する職場・一般の吹奏楽団体が一同に会して単独・合同演奏を行うこの62万石吹奏楽祭、当団は単独ステージで3曲「南の島から」「若人の心」「アレルヤ・ラウダムス・テ」を演奏しました。また、演奏会最後には各団体の代表が参加する合同演奏も行われました。
 一週間のうちに二回も本番がありハードなスケジュールでしたが、大人になってからも楽器を続けられる喜び、そしてその活動の場としての一般吹奏楽団体の重要性を改めて感じた本番でした。

 この春、新生活を始める吹奏楽経験者の皆様、宮城には当団以外にも素晴らしい一般団体がたくさんあります。学校を離れても、職場が変わっても吹奏楽は続けられます。仕事や家事が忙しいときは練習を休みながら、空いた時間で少しづつでも楽器が上達する喜び、仲間たちと音楽を共有できる素晴らしさを一緒に味わいましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA